カードローンは借りすぎると後が辛くなる

二十歳過ぎた位に、買い物したときに店員に勧められてカードを作りました。

当時はまだ若かったので、そういったカードの仕組みなんてものはよく解らずに作り、カードローンや、キャッシングなんて使わないと思ってました。

現在カードを作るまで、テレビとかで金融会社のCMが具体的に何のCMなのか分からなかったくらいだったので、世間知らずもいいところでした。

カードを作ってからしばらくは使わなかったのですが、金銭的にピンチになって初めてキャッシングしました。簡単に数万円が借りられるので、遊びたい放題に遊んでました。

ほとんどを交際費に使ってました。

当時車のローンとかもあったので、正直20代の遊びたい盛りに、我慢せずに友達とかと遊びに行けるのは本当によかったです。

でも、当たり前の事なんですけど、借りたものは返さないといけないので、あとから自由に使えるお金が少なくなり、結局節約しなければ生活出来なくなります。

でも我慢出来ない、遊びに行きたいの思いで限度額いっぱいになり、返しては借りての負のスパイラルに陥りました。

何とか完済出来ましたが、かなり大変でした。

返済が長引けば長引くほど利息を取られて、損をします。