カードローンの借り換えタイミングは慎重に決めることが重要です

消費者金融のカードローン貸付残高は、改正貸金業法が完全施行されて以降減り続けていますが、代わりに銀行カードローンの貸付残高が伸びています。背景には、消費者金融から銀行のカードローンへの借り換えが進んでいる状況が考えられます。金利を比較すると、銀行カードローンの方が低いケースが多く、適用される法律が異なるので銀行カードローンならば総量規制の影響を受けずに独自審査が可能です。

現在複数の借入がある場合には、銀行カードローンに1本化すれば毎月の返済額が減る可能性があるでしょう。

しかし、銀行カードローンへの借り換えタイミングは、慎重に行わないと失敗をする可能性を含んでいるので要注意です。なぜなら、銀行カードローンならば低金利とは限らず、複数の借入を合算した時に100万円以上となれば、利息制限法に基づく法定金利が15%に下がるのでメリットがあるからです。

消費者金融の多くは、利用限度額100万円未満ならば、15%以上18%以下の金利で貸付を行っている可能性が高いので、借り換えた方が得となります。しかし、毎月の支払額が少なくなりすぎると元金の減り方も従来よりも減ってしまうので、支払い回数が増えて最終的な総利息が増える結果となる可能性に中止しなければならないでしょう。